メイン» ソフトウェアの部屋 »アジャイルソフトウェアマネジメントを考える - その

アジャイルソフトウェアマネジメントを考える - その

ですから、ここまでの結論をまとめますと、

アジャイルソフトウェア開発方法論は、

.愁侫肇ΕД∪源佐浜の経験的(エンピリカル)なアプローチである。

経験的(エンピリカル)アプローチは、必ずしも無秩序というわけではなく
 計画し、見積りをすることができる。

(説明を省略していますが)創発という特性と適応性のある振る舞いを
 示す複雑適応系である。

そして、アジャイルソフトウェア生産システムによる、望ましい適応性のある
振る舞いとは、”顧客にとって価値がある正常に機能するコード
で示されるのです。